ー なっちゃんパパの楽しい料理 ー


by natupapa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

酢さば

皆さんこんばんは!!
割烹・お食事処 ぎんなべ のなっちゃんパパです。
e0150446_138957.jpg

酢さばです。
鯖が美味しい季節です。
当店では刺身でもいける旬さばを大将が酢〆にします。
美味しいこと間違いなし!!
ランチのお客様で必ずこれを一緒に注文される方がいるぐらいなのです。
しめ鯖      500円

e0150446_1444584.jpg

本日のメダカ。
ヒカリメダカです。
背中が蛍光灯の様に光るメダカです。
[PR]
by natupapa | 2008-10-30 01:45
皆さんこんばんは!!
割烹・お食事処 ぎんなべ のなっちゃんパパです。
e0150446_12284728.jpg

天ぷらをカリッと揚げる方法はずばり!!
温度です。
揚げ油はだいたい170度~180度ですから揚げる具材との温度差が大きいほどカリッと仕上がります。
材料は勿論の事小麦粉、卵水も冷やしておいて下さい。
もし時間がない場合は氷を入れると良いでしょう。
今の季節キノコや牡蠣が美味しい季節です。
カリッ!!サクッ!!に挑戦してみて下さいね!!

季節の天ぷら盛り合わせ 1200円 ランチ 1000円 夜のお膳 1500円

e0150446_1242521.jpg

本日のメダカ。
アルビノメダカです。
目が赤いメダカです。
[PR]
by natupapa | 2008-10-27 12:43

和食屋の秘密

皆さんこんばんは!!
割烹・お食事処 ぎんなべ のなっちゃんパパです。
e0150446_22371515.jpg

ぎんなべ秘伝の甘味噌です。
和食屋の料理が美味しい秘密の一つはこの味噌の様に手作りで合わせ調味料を作るからなのです。
市販のものに添加物や旨み調味料が入っているので独特の味になるのです。
醤油、酢、味噌、塩等々をその店独自の調合で作る調味料。。。
それが和食屋の料理が美味しい秘密のひとつなのです。
e0150446_22574889.jpg

米茄子の味噌田楽です。
甘味噌を使った一品です。
揚げた米茄子と甘味噌の相性がバツグンです。

米なす朝路揚げ(味噌/薬味) 600円

美味しいですよ!!

e0150446_2344167.jpg

今日のメダカです。
ダルマメダカです。
泳ぎ方に愛嬌がある可愛いメダカです。
[PR]
by natupapa | 2008-10-25 23:06

味噌カツと最新のメダカ

皆さんこんばんは!!
割烹・お食事処 ぎんなべ のなっちゃんパパです。
e0150446_0363158.jpg

味噌カツです。
和食??と思われる方もおられると思いますがどうでしょう??
私の年代(マッチと同級生)のおふくろの味を考えると煮物よりもトンカツやエビフライが思い当たりませんか??
そう考えるとこのトンカツも立派な和食と言えるでしょう。
尾張地方ではこのカツに甘い味噌をかけて食べるのが主流なのです。
以前東京からのお客様が『味噌カツだけは好きになれない。』と言われた事があります。
私も関西出身で最初に甘い味噌がトンカツにかかっているのに『気持ち悪い』と思ったものですが今では味噌がないと物足りないぐらいなのです。
東京のHさん!!先入観を捨てて食べてみや~!!でら~美味しいぎゃ~!!

ぎんなべ ヒレカツ膳ランチ 1000円 夜のヒレカツ膳 1300円  

お袋の味を思い出してくださいね!!

e0150446_0494433.jpg

本日のメダカ 『紅』 です。
まるで金魚の様な最新メダカです。
九州の仲間から頂いた大切なメダカです。
。。。
私の本当に大切な宝物は北海道から九州まで全国にいるメダカ仲間なのです。
[PR]
by natupapa | 2008-10-23 00:52

はじめまして!!

皆さんはじめまして!!
なっちゃんパパです。
割烹・お食事処 ぎんなべ で働いております。
このブログでやはり日本人には和食が一番だという事を伝えられればと思っています。
まず最初は 『なっちゃんパパの卵焼き』 の紹介です。
e0150446_180244.jpg

まずこの様に卵とダシを用意します。
ダシは卵5個に対し150ccぐらいの分量です。
あらかじめダシの方に味をつけます。
なっちゃんパパの場合は砂糖、白醤油、みりん、塩で少し甘めにします。
e0150446_1833530.jpg

菜ばしで卵を溶きながらダシを流しこみます。
この時卵1っ個に対してとくのは五回ほどにします。
溶きすぎたりあわ立てを使ったりすると卵にコシがなくなりふんわりし上がりません。
ここで味見をし調整します。
e0150446_1865182.jpg

焼です。
油を引いて熱した卵焼き器にさきほどといたをいれます。
一気に入れるのではなく卵の厚みが5mmぐらいに数回に分けて入れます。
後は巻いていきます。
上が半熟ぐらいになったら箸を四方に入れてはがして巻いていきます。
手前まで巻けたらまた向こうに戻して卵を流しいれます。
私の場合この動作を4回繰り返して完成します。
e0150446_18141459.jpg

完成したら卵巻き器のまま巻きすにひっくり返し形を整えます。
e0150446_18151928.jpg

これで『なっちゃんパパの卵焼き』の完成です。
美味しいですよ!!

e0150446_18251462.jpg

本日のメダカです。
『楊貴妃』 という紅葉の様に赤いメダカです。
私の趣味はこの様な改良メダカを飼育する事なのです。
楽しいですよ!!
[PR]
by natupapa | 2008-10-20 18:27